第5回陶美展が始まります

来週から開催される「第5回 陶美展」に、

茨城交通賞・優秀賞をいただいた作品

「IKIBUKI」も展示されます。

冷え込み厳しい時期ですが、どうぞご高覧ください。

 

 2018年 1/17(水) ~ 1/23(火)

 10:30 ~ 19:30 (最終日は16:00まで)

 日本橋高島屋6階美術画廊

 

 〔列品解説〕

  1/20(土) 14:00 ~

  解説:酒井博司(陶芸家・審査委員)

   

この作品から、

植物の 種から発芽し、しなやかに、強く伸びようとする、

そんな生命感を感じていただけたらと思います。

 

タイトルの ―IKIBUKI―

漢字で書くと、「いぶき」と読む言葉がありますが、

さらに深く、

「芽吹き」そして「逞しく生きていく」という意味を込めたいと、

敢えてローマ字にし、「生きる、吹く」を体言止めにして、

「IKIBUKI」としました。

 

また、ここ15年程試行錯誤してきた、

無彩色の世界の中での生命感。

これを表現するために、

今回は、いつもとは異なる試みをしてみました。

 

黒いやきものは、そのままでは、硬い、冷たいイメージになります。

いつものように、針でたたけば、

全体がスエードのような柔らかい表情に焼き上がります。

さらに、「種」に施した細いうねりのあるライン。

その白との対比と相まって、

息をしながら上へと伸びていく雰囲気になりました。

 

図録の解説を書いてくださった審査員の先生からも

「やきものなのにどことなく柔らかくも暖かい雰囲気」

「全体が呼吸しているかのような生命力を感じさせる作品」

との評価をいただきました。

 

皆様にも

感じていただければ嬉しいです。                    (2018.1.12)

 

  

スマホ用QRコード